非公開求人に応募する2つの方法

ctr033a-s非公開求人(ひこうかいきゅうじん)」とは読んで字のごとく一般的な求人情報誌や転職サイトに掲載されない求人情報の事をいいます。

企業が非公開求人を行う理由は

 

・コストの削減

・新入社員を採用するまでの時間短縮

・必要な人材の確保を人材紹介会社に依頼している

 

などが挙げられます。

このような非公開求人に応募する手段は大きく分けると2つあります。

 

自分で企業訪問する

ilm01_ac04010-s

まず1つ目は自分を売り込むことです。

自分が働きたいと思っている企業の求人募集が広告や求人サイトに見当たらない場合、その企業に直接出向いて社員を募集していないかを訪ね、もし募集しているなら入社を希望したいということを伝える方法です。

このときに自分が持っている資格や経験を述べてアピールすることもできますし、履歴書持参で企業に赴き、社員を募集しているという返答があった場合にすぐに履歴書を渡すという方法を取ればここで働きたいという意欲を見せることができます。

 

人材紹介会社に登録する

ilm01_ab04025-s

そして2つ目は人材紹介会社に登録することです。 ※( 非公開求人の詳細

人材紹介会社に登録しておけば非公開求人情報を入手できる確立はかなり高くなります。

このような秘匿情報の提供の仕方は人材紹介会社によって多少異なります。

持っているスキルや経験に基づいてある一定の情報を登録者に与える仕方での情報提供や、非公開求人情報全てを登録者に与える人材紹介会社もあります。

 

主にこうした2つの方法で非公開求人情報を入手できます。

まずは積極的に行動してみることから始めましょう。

 

ハローワークにはない非公開求人をどう探し、どう応募するか

 

現在、就職事情は非常に厳しいと言わざるを得ません。

情報誌やハローワークなどで求人を探していても、なかなか自分に合いそうな仕事が見つかりません。

どこも何度も見たような求人ばかりで、果たして自分が応募できる企業はあるのかと悩んでいる方は非常に多いと思います。

 

そんなときに役立つのが転職サイトで職を探すという方法です。

特に「非公開求人」はハローワークに掲載されない求人が多く、転職サイトでしかわからない求人もあるのです。

 

非公開求人に応募するには「レジュメ」を登録サイト内で作ることが大切です。

まず、自分の職歴や履歴をサイト上で作成し、応募するための準備をしましょう。

 

レジュメを作成すると、企業側から直接あなたにオファーが来る場合があります。

これはハローワークにはない、完全なる非公開案件である可能性があります。

 

同名企業をハローワークで探してもない場合には、その企業はハローワークには登録せずに転職サイトにしか登録していないことが分かるからです。

 

私が登録し、よく利用している非公開求人サイトは「DODA(デューダ)」です。

ここはレジュメを作り登録しておけば、企業側からオファーが来る可能性が上がります。

 

ハローワークで探しきれないという人、非公開求人を探してみたい、応募してみたいという人はまずはDODAで探してみることをオススメします。