現在は人手不足であることから、中途採用者の採用を活発にする企業が増えてきました。

ただ各企業の事情により欲しい人材は異なります。だいたい二つに分けられます。

 

ひとつは、その業界全体の景気が上向きで仕事量が増え、単純なアウトソーシングに頼るだけでは追いつかない状態になっている場合です。

この場合は、年齢が若くて、指示に素直に従う性格で、仕事を早く覚えてくれそうな人材が期待されます。

 

どんな企業でも指揮するマネージャーより年齢的に若い人材を欲しがります。新入社員よりも早く一人前になることが期待でき、それからの活躍期間が長くなる可能性が高い人が重要になります。

よく35歳が転職年齢の限界と言われるのは、これが一番大きな理由です。

 

もうひとつは、企業が成長をしていく上で、新規分野に参入したくても、その分野に精通した人材がいない場合です。

この様な場合に期待される人材は、実際の業務に精通した上で、若い人達を指導できて、仕事の先行きをある程度見通せる人です。

 

この様な人材は業界内でもある程度名前が知れ渡っていることが多いため、ヘッドハンティングされる人も多いです。

また絶対数が少ないために、年収やヘッドハンティングに成功した時の手数料も多く、スカウト会社も必死になって探します。

 

そして時によっては、該当する転職希望者に、採用側の企業の良い所ばかりをアピールすることが多いので、転職を考えるにあたっては冷静に企業分析をしておくことが必要です。

協力会社との関係もあるので、例えばA社で目覚ましい業績を上げた人が、B社でも必ず成功するとは限りません。

 

ただ転職したいと考える人達は優れたスキルがありながら、所属企業の努力不足や人間関係の軋轢で正当な評価をされていないことも多いので自分がその事例に当てはまると思われるならば検討する価値は大いにあると言えるでしょう。