転職を考えておられるものの、これまで一度も転職の経験が無いとのことなので、今回は、新卒時の採用試験と、中途採用時の採用試験の大まかな違いについて書いてみたいと思います。

 

新卒時の採用試験といえば、まずはエントリーシートや履歴書を作成し、それらが通過すれば、筆記試験、あとは何度も何度も面接、時には集団で、時には一人で、時にはグループディスカッションもあったりなんかして、ようやく内定がもらえるというイメージです。

 

しかし、中途採用はそんなに沢山の段階を要しません。

もちろん、採用活動を行う会社にもよりますが、だいたいの場合は最初の書類審査でかなりの人数が落とされ、面接に呼ばれるのはごく数人という形になるため、何社送っても書類が通らないなんてことはよくあります。

 

逆に言うと、面接まで呼ばれるような状態であれば、かなり内定に近いと考えることもできるので、まずはキッチリとした書類を作ることが重要になってきます。

 

次にその書類についてですが、新卒時は応募者全員が社会人未経験であるため、大学や高校等で何をしていたかについて書き、人間性のアピールが中心となってきますが、中途採用の場合は、どのくらいのスキルがあり、その会社にとってどういった形で貢献できるかを上手く表現することが中心となります。

 

文章の書き方について自信が無い場合は、最寄りのハローワークの窓口等で相談するのも手です。

先程も書いた通り、中途採用は書類がとても重要です、色々な人に相談して、魅力的な書類に仕上げることが採用への近道と言えるでしょう。