仕事の求人というのには、一般公開されている求人とそうではない求人というのがあります。

 

後者は「非公開求人」と呼ばれていて、ハローワークや一般の求人雑誌などには掲載されていない情報となります。

さて、この非公開求人に応募するためには、どのようにすれば良いのでしょうか。

 

基本的に非公開求人というのは、ハローワークなどではなく民間の就職斡旋会社が持っています。

 

そもそも非公開求人というのは、求人情報の掲載をする際に「スペックに合わない人の応募を避けるため、または面接などの手間を省くためにWeb上などに情報を掲載しない」という目的があります。

対象者を絞る事で契約した求人情報であることが大半で、特別な待遇があるとかそういった意味合いではありません。

 

非公開求人の場合、条件を満たしていれば情報を登録した求人情報会社などから直接スカウトなどが来ますので、そういったことが無い場合は募集要件を満たしていないということです。

 

では、そのような非公開求人に応募するにはどうしたらよいのかというと、まずは転職サイトなどに登録してスカウトメールを待つことです。

基本的に自分からアプローチをかけていくやり方では、このタイプの求人で採用されることは難しいでしょう。

 

それでも自分からガンガン応募していきたいというのであれば、非公開求人を売りにしている転職サイトに登録して、その中で会員にだけ公開されているような情報に応募し続けるというのが最善策でしょうか。

 

非公開求人というのは、企業側も理由があって非公開にしているものですから、想像以上に狭き門であることは覚悟しなくてはなりません。