ハローワークにはない非公開求人をどう探し、どう応募するか

 

現在、就職事情は非常に厳しいと言わざるを得ません。

情報誌やハローワークなどで求人を探していても、なかなか自分に合いそうな仕事が見つからない、どこも何度も見たような求人ばかりで、果たして自分が応募できる企業はあるのかと悩んでいる方は非常に多いと思います。

 

そんなときに役立つのが転職サイトで職を探すという方法です。

特に「非公開求人」はハローワークに掲載されない求人が多く、転職サイトでしかわからない求人もあるのです。

 

一般的な公開求人は転職サイトに行き、会員登録をしなくても探すことができます。

しかし非公開求人は転職サイトに登録しないと探すことができません。

 

ハローワークでも求人登録をしている人とそうでない人向けの求人があるように、転職サイトでもそういった制限が設けられているのです。

 

そして、非公開求人に応募するには「レジュメ」を登録サイト内で作ることが大切です。

まず、自分の職歴や履歴をサイト上で作成し、応募するための準備をしましょう。

 

レジュメを作成すると、企業側から直接あなたにオファーが来る場合があります。

これはハローワークにはない、完全なる非公開案件である可能性があります。

 

同名企業をハローワークで探してもない場合には、その企業はハローワークには登録せずに転職サイトにしか登録していないことが分かるからです。

 

私が登録し、よく利用している非公開求人サイトは「DODA(デューダ)」です。

ここはレジュメを作り登録しておけば、企業側からオファーが来る可能性が上がります。

 

ハローワークで探しきれないという人、非公開求人を探してみたい、応募してみたいという人はまずはDODAに登録してみることをオススメします。

 

非公開求人を見つけるには転職サイトDODAに登録しよう

 

ハローワークや街中で配布されている求人誌には掲載されていない非公開求人というものがあります。

この案件に応募をするには転職サイトや求職サイトに登録をして、マイページなどから閲覧をします。

 

多くのサイトでは無料で登録が可能ですし、就職が決まるとお祝い金が支給されることもありますので、様々なサイトに登録をして損をすることはありません。

また非公開求人といえども、たくさんの求職者が日々サイトをチェックしていますので、すぐに締め切られてしまう可能性があります。

 

メールでの通知機能があれば利用しておくべきですし、定期的に非公開求人欄をチェックするのを忘れてはなりません。

特に募集期間が短期間である時、すぐに雇用したい企業は応募者を絞るためにも非公開にするケースがあり、その案件に応募をすれば採用される可能性が高まります。

 

さらに各サイトにおいて、これまでの職歴や保有している資格そしてスキルなどを登録しておくと書類面接を通過して最終面接に進める確率がアップします。

 

転職サイトの一つに「転職サイトDODA(デューダ)」があります。

このサイトでは約8割から9割が非公開求人であると明言しています。

実績企業例が掲載されているため、多くの有名企業がこのサイトを通じて雇用をしていることが分かります。

専任のキャリアコンサルタントにマンツーマンで相談できるのも転職サイトを利用する魅力の一つです。