転職活動における不採用通知は、よくあることです。

採用側にとって転職者を受け入れることは、人件費以上の成果を生む人材であることが求められます。

 

したがって、転職活動における採用試験がシビアになることは当然なのです。

 

一方、どのような人物が人件費以上の成果を生むタイプなのか、採用側は確定的な判断は不可能なのです。

転職希望者が実際に働いた上での採用試験ではないため、見込みで採用するしか無いからです。

 

見込み採用になる以上、転職活動において採用されるためには、いかに採用側から旨味のある人材だと判断されるかが重要なポイントなのです。

自分は採用に値する旨味を持っていることを、面接官に伝えることが大切です。

 

旨味を示すために簡単なものは、自分のスキルを示すことです。

 

例えば、TOEIC800点以上取得している事を伝えれば、グローバル化が進む現代では、旨味のあるスキルと見なされます。

採用側にとって、将来のグローバルパーソンとして採用してみよう、と考える一因になりうるのです。

 

TOEICに限らず、営業マンであれば、以前の職場において営業目標に対する営業成績の達成度を示すことも旨味を示すポイントになります。

営業マンとしての成果が伝われば、即戦力の人材と見なされ、人件費以上の成果を生んでくれそうだと判断されるでしょう。

 

以上の事から、転職活動において採用されるためには、現在の仕事で成果を残すことやスキルを磨くことが求められるのです。

転職活動では、明確なスキルと成果が求められるため、スキルと成果を残し、転職活動に挑みましょう。