転職をするということは普通の人のとっては人生を左右する可能性のある重大な決断を必要とする行為です。

必ずしも転職後は転職前よりも良くなるという保障があるわけではありませんし、転職には大きなリスクを生活に関して大きなリスクを伴うこともあります。

 

ほとんどの人が転職を考え、求職を始めるのは在職中でしょうが、在職中であればなおさらのこと、退職と求職をうまくコントロールしないと転職自体がうまくいきません。

転職を考えている人は求職ばかりに目が行きがちですが、退職もいわゆる「円満退職」ができるように準備しておかなくてはなりません。

 

逆にうまく円満退職ができないと、新しい転職先への勤務が滞ってしまったり、元の職場で悪い評判を残してしまったりすれば、転職にも不利になったりすることも考えられるからです。

 

在職中にしっかりとやっておくことは主として3つあります。

 

まずは、転職までのタイムスケジュールを明確にしておくことです。円満退職をするためにはどのくらいの時間がかかるのかは簡単ではありませんが、無計画では前に進むこともできなくなります。

 

二つ目には退職願を出す前にしっかり意思を決めておくことです。慰留などを受けて退職を思いとどまるような事態にならないように退職願を出すまでに本当に転職したほうがいいのかを決めておきましょう。

 

最後には仮に退職することが決まった場合でも、在職中は円満退職を意識して、現職をしっかりと遂行することです。